ずっと旅してたい

わくわくすることは全部やってしまえ。

【旅行記】感激!サグラダ・ファミリア ※画像多数

こんにちは、えるざです。

2016年10月、完成前のサグラダ・ファミリアが見たくてスペインへ。

f:id:risalogue:20170711233836j:plain

アントニオ・ガウディ没後100年にあたる2026年までに完成をめざしているという噂を聞き、急いで旅程を組みました。

晴天がとても似合う荘厳な建物は、外から見ても中に入っても感動。
100年以上前から建築されている建物・・・!
3時間以上滞在していたのですが、全く飽きるどころか動きたくなくなる場所でした。

サグラダ・ファミリアに関して

アクセス

サグラダ・ファミリアへのアクセス方法は、地下鉄・バス・タクシーが一般的です。
一番安く、わかりやすく行くなら地下鉄がおすすめ。
5号線・2号線の『サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)駅』下車すぐにあります。

私は、サグラダ・ファミリアの一駅前『Verdaguer』近くのホテルに滞在していましたが歩いて15分~20分ほどで行けました。
ひとり旅のときは絶対に夜出歩かなかったのですが、
警備もしっかりしていて最低限の警戒をしていれば夜の散歩も大丈夫でした。

入口

サグラダ・ファミリアの入口は「生誕のファザード」側にあります。
 ※当日券の販売所は「受難の塔」側にあります。

f:id:risalogue:20170725123533j:plain<
/p>

チケット購入

WEBサイトでの事前購入、さらに時間帯は
11時前までの早朝と午後遅くがおすすめです。
11時以降から団体の観光客が増え始めますので・・・。

サグラダ・ファミリアはいつ訪れても人気の世界遺産のため、購入に時間がかかり見学時間が短かった・・・。となってしまってはもったいない。
公式サイトからの購入が一番安く済むかと思います。

www.clorian.com


私はTOP VIEW(オーディオガイド&エレベーターチケット付)を購入。
金額は
大人29ユーロ
学生&30歳未満27ユーロ
シニア22ユーロ
11歳未満無料(オーディオ無し)

2016年8月の予約当時は、水・木・日曜日の16時半以降の入場が半額になっており
15ユーロで私は入場しました。

ただ、今はカルネー・ホベンという青少年割引書が必要みたいです。

他に購入できるチケットは下記の通りです。
・GAUDI’S WORK & LIFE 26ユーロ
グエル公園内のガウディ博物館にも入れるチケット
・GUIDE EXPERIENCE 24.5ユーロ
┗ガイド付チケット(日本語無し)
・AUDIO TOUR 22ユーロ
┗オーディオガイド付
・BASIC TIKET 15ユーロ
┗入場券のみ
・GAUDI HOUSE MUSEUM 5ユーロ
グエル公園内のガウディ博物館のみのチケット
※全て大人代金です

時間

4月~9月 9時~20時

10月&3月 9時~19時

11月~2月 9時~18時

※その他行事等により時間が変更の場合もあります。

注意事項

・塔に登る際は、大きい荷物はロッカーに預けます。
 ただし、キャリーバッグが入りそうなロッカーはエレベーター付近に見かけなかったので身軽で見学したほうが無難です。

・『生誕の塔』は下りのエレベーターがありません。
 混んでいたりすると、急な階段を降りるのに20分弱かかる場合もあります。
 体力に自信のない方は『受難の塔』をおすすめします。
 ※まれに降りれず動けなくなってしまう人がいるようですが、自力で戻る以外方法はありません。

サグラダ・ファミリア

外観

圧倒的な存在感・・・!

入口はものすごい人だかりです。
世界各国、いろいろな国から訪れられるのもわかります。

f:id:risalogue:20170711233817j:plain

隣にある公園から撮影。逆さサグラダ・ファミリア
これも計算されて建築されていたとか凄すぎるよガウディ。

人生初、海外ひとり旅で夜に外出しました。
人がたくさんいますが、警官も多いので少し安心。

カメラ技術を磨きたい。ライトアップも幻想的でした。
夜でも公園からサグラダ・ファミリアを撮影している人は多いです。

夜の逆さサグラダ・ファミリア

建物内

夕方に入場したので、建物内は基本的に赤~オレンジです。
早朝入場すると、青色のステンドグラスから光が差し込むため青い世界になるとか。

f:id:risalogue:20170711233855j:plain

これだけ人が多いですが、教会が広いからかあまり窮屈に感じません。
あとざわつきも気にならない。

f:id:risalogue:20170711233926j:plain

聖堂内中央にはイスが設置されていました。

ステンドグラスから差し込む光がもう幻想的で芸術的で涙。

首痛いこと忘れるくらい眺めていました。

もう感動して感動して、本当にここ来れて良かったなぁと思った瞬間。

生誕の塔

THE!建築中!!
ここだけ異様にカラフルでポップ。

果物?

f:id:risalogue:20170713105538j:plain

バルセロナってそういえば海沿いの街なんだ。
天気がいいと地中海を見渡せます。

エレベーターが無いのでひたすら下ります。
行ける道がいくつかあって(?)周りの観光客と迷いながらなんとか降りていきました。

とどめのこの螺旋階段!とってもきついです!
私バスケやっていたのもあってそこそこ体力に自信ありましたが
降りきったあとは足がくがくでした。

最後に


世界遺産の建物はたくさん見てきましたが、
聖堂内で感動しすぎて涙が出そうになったのは初めてでした。

荘厳で、神秘的で、繊細な作りのサグラダ・ファミリア
完成前の姿を見られるのは、今旅にでられる人だけ!

2026年の完成予定以降も訪れたいと思ったくらい素敵な世界遺産でした。